Work

【元キャストが徹底解説】ディズニーバイトが大変だった5つの理由【経験談】

【元キャストが徹底解説】ディズニーバイトが大変だった5つの理由【経験談】

大学生の人気バイトの一つとして、スタバと並んで名前が挙がる「ディズニーキャスト」

 

夢の世界で働く姿はキラキラして見えますよね。

 

実際ぼくも1年以上、ディズニーランドでアトラクションキャストをしていましたが、とても楽しく刺激的でした。
らく

 

しかし「キャストならではの苦労」もあり、大変なこともあります。

 

そこで今回は、ぼくがディズニーキャストとして働いていて大変だったことを5つご紹介します。

 

筆者について

  • ディズニーの知識がほぼない状態でキャストに
  • コミュ障だけどアトラクションキャスト
  • 留学するまで1年半勤務

 

キャストで大変だった5つのこと

  1. どんな日でも出勤
  2. シフトの融通がききにくい
  3. キャストへの期待値が超高い
  4. ゲストに直接注意できない
  5. 常に笑顔でいなければならない

 

どんな日でも出勤

ディズニーキャスト

ディズニーリゾートは台風が直撃しようが地震が起ころうが、滅多なことでは休園しません。

まさに雨にも負けず風にも負けず…
らく

 

なのでどんな悪天候であってもキャストは通常出勤しなければいけないので、かなりキツいです。

 

ぼくは屋内型アトラクションのキャストだったので、悪天候でも問題ありませんでしたが、出勤するまでがしんどかったのを今でも覚えています笑

 

カストーディアルやゲストコントロールなど、屋外で仕事するキャストはもっと大変…。

 

ディズニーが過去に臨時休園したケース

休園理由休園期間
1989年昭和天皇の崩御1日
2011年東日本大震災約1ヶ月間
2019年大型台風19号2日間
2020年新型コロナウイルス感染症約4ヶ月間

 

こうして見ると、今回のコロナによる臨時休園がいかに異常事態なのかが分かります。

 

シフトの融通がききにくい

ディズニーキャスト

キャストは固定シフト(しかもかなりガチガチ)です。

 

スタバのように3週間前にその都度シフト希望を出すわけではありません。

 

なので学校の試験などどうしても休む必要がある時は、あらかじめ代打してくれる人を自分で手配する必要があります。

 

ちなみにぼくは土日勤務(長期休暇は平日勤務もあり)でした。
らく

 

キャストへの期待値が超高い

ディズニーキャスト

新人であってもゲストの前に立ったら、「立派な一人のキャスト」。

 

「キャスト=完璧」という先入観が強く、常に最高のパフォーマンスを求められます。

 

「キャストの心温まるエピソード」とかもよく話題になるくらい、暗黙の了解で「キャストはすごい」と思われがち

 

だから慣れないうちはプレッシャーが結構すごいんです…。

 

ぼくは新人時代に一度大失敗したことがあって、ものすごくテンパりました…笑
らく

 

ゲストに直接注意ができない

ディズニーキャスト

躾のなっていない行儀の悪いゲストがいても、原則として直接的な言葉で注意することができません。

 

決して怒りを表に出さない、それがキャストとしての責任ある行動の一つなんです。

文句や毒を吐くのは心の中だけ笑
らく

 

ただし犯罪まがいな行為や、重大な危険を伴うゲストがいた場合などは、SVと呼ばれる社員が対応します。

 

これまでぼくが遭遇した迷惑ゲスト

  • 立入禁止区域に入るゲスト
  • 列の割り込み
  • 道いっぱいに広がって歩く団体ゲスト

 

ほぼ全キャスト共通?の迷惑ゲスト

  • チームアーリー
  • パーク内を全力疾走
  • グリガチ勢
  • インスタ映えを狙った過度な危険行為

 

常に笑顔でいなければならない

ディズニーキャスト

みなさんは不機嫌そうな表情をしたキャストを見たことがありますか?

否、ほとんどないはず。

 

笑顔はキャストの命」と言っても過言ではありません。

 

どんなに公私ともに辛いことがあっても、それを表情に出してはいけません。

 

どんなバイトでもそうですが、キャストは特に「表情」に気を遣わなければいけない仕事なんです。

 

ただそのおかげ?で愛想笑いや作り笑いはかなり上手に自然にできるようになった気がします…笑
らく

 

 

ディズニーキャストは大変だけど楽しい

ディズニーキャスト

ディズニーキャストをしていて大変だった5つのことをもう一度まとめておきます。

  1. どんな日でも出勤
  2. シフトの融通がききにくい
  3. キャストへの期待値が超高い
  4. ゲストに直接注意できない
  5. 常に笑顔でいなければならない

 

キャストは接客バイトの中でも結構特殊なので、それなりに大変なことも多いです。

それでも国内外からやってくるゲストと日々接するのは楽しいし、人との接し方も身につきます

 

なのでぼくはやっていて本当に良かったと思っています!
らく

 

この記事がこれからディズニーキャストをしてみようと思っている人の参考になれば幸いです。

 

生活記事を見る

 

-Work
-,

Copyright © Lacu Blog , All Rights Reserved.