Twitter

脱・ツイ廃!Twitterフォロワーを増やす9つの方法【1ヵ月で1,000人達成】

2020年5月5日

フォロワーを増やす9つの方法
・フォロワーさんが全然増えない…
・ツイ廃にならずに運用したい

今回はこうしたお悩みを解決していきます。

 

本記事の内容

  • フォロワー数を増やす9つの方法
  • フォロワー数が増えるメリット
  • 従来のTwitter運用法はもう通用しない?
  • おすすめしない2つの運用方法

 

Twitterは始めたころはフォロワー数も少なく、反応がほとんどなくて辛いですよね…。

それでもしっかり戦略的に運用していけば、着実に伸びていきます

 

まず先に言うと、ぼくは以下のようなことはほぼしていませんでした。

  • 相互フォローする
  • いいねとRTをひたすらにする
  • インフルエンサーにたくさん絡む

 

しかしそれらを実践せずにゼロスタートでも、1ヶ月間でフォロワーさん1,000人増やすことができました。(正確には29日間)

 

今回はゼロスタートだったぼくが、どうやって1ヶ月間でフォロワー数を1,000人まで伸ばせたのか、その方法を中心にご紹介していきます。

 

今回紹介する9つの方法は「最速・最短」でフォロワー数を伸ばすためのものではありません。

Twitterフォロワー数を増やす9つの方法

方法、やり方、手順

ではぼくはどんなことに意識して、Twitter運用をしているのか。

 

その方法をまずは一挙にご紹介。

  1. 1日2〜5ツイート
  2. 140字いっぱいに書く
  3. ツイートは反応率の高い時間にする
  4. 発信に透明性を出す
  5. 需給をしっかり分析
  6. プロフィールの最適化
  7. リプへの返信を丁寧にする
  8. 成果は自信を持って報告する
  9. 自分から積極的にフォロワーさんに絡む

 

では1つずつ解説していきます。

 

1日2〜5ツイート

ぼくは1日2〜5ツイートしています。

これはかなり少ない方ですが、1つ1つのツイートにきちんと目的設定ができていれば、1日10ツイートとかしなくても問題ありません。

 

ぼくが普段しているツイートの傾向

  • おはようツイート
    →1日のモテベーションを上げる内容で
  • ブログの作業関連ツイート
    →ブログ仲間同士で高め合える
  • 成果報告ツイート
    →権威性を上げ、周囲のモチベーションも底上げする
  • お役立ち情報ツイート
    →新規フォロワーさんにリーチする

 

もちろんたくさんツイートできるなら、1日10ツイート以上しても構いません。

 

しかしむやみに大量ツイートすればいいわけではありません

内容が薄かったり、どうでもいいようなことばかりだと、たとえ1日20ツイートしても伸びないので注意。

 

質の悪いツイート10個より、質の高いツイートを3つした方がはるかに伸びやすいです。

1つ1つのツイートに目的意識を持ちましょう

 

ツイートの目的は大きくこの2つが目安

  • 既存フォロワーへのアプローチ
  • 新規フォロワー獲得のためのツイート

 

140字いっぱいに書く

ツイートは字数制限である140字いっぱいに書きましょう。

 

しっかり字数を書くことで、

  • 発信内容が濃くなる
  • タイムラインで目に留まりやすくなる

こうしたメリットがあり、「いいね・RT・リプ」をもらいやすくなります。

 

とはいえただ140字書くだけだと、文字ばかりで見づらくなり、ツイートを読んでもらいにくくなります

 

140字をフルに使い、反応率を上げるためにはこうした工夫がおすすめです。

  • PREP法(結論から書き始める書き方)
  • 箇条書き
  • 適度に改行する
  • 記号を適度に使う

 

例えばこんなツイート↓

これも140字をフル活用したため、多くの反応をもらえました。

 

その他の具体的なツイートは、ぼくのツイッターをチェックしてみてください。

 

反応率の高い時間にツイートする

せっかくツイートするなら、反応率の高いゴールデンアワーを狙いましょう。

 

Twitter運用ツール「Social Dog」を提供する株式会社AutoScaleの調査によると、平日5時や休日12時が反応率が高いようです。

Twitter

Twitter

PRTIMESから引用)

 

ただしこれは平均値であり、自分にも当てはまるとは限りません

 

実際にぼくの場合だと、

  • 7:00~8:00
  • 11:00~12:00
  • 21:00~22:00

が特に反応率が高いため、その時間帯でツイートするようにしています。

 

自分のアカウントの反応率が高い時間を知るには、「SocialDog」というツールで無料で確認できます。

 

「Social Dog」の詳しい活用法については、「Social Dogの使い方と評判|Twitterを効率的に伸ばす活用法」で解説しています。

 

発信に透明性を出す

Twitterで大切なのは「信用と信頼」です。

 

ウソをつくのは絶対やめましょう。

すごい実績を謳っているけど、いまいち実態が見えてこない人とかもいますよね…。
らく
らく

 

「証拠となる画像や数字・データを示す」

こうすることで、ツイートを見た人にも安心してもらえます。

 

Googleアドセンスや一部ASPは、成果や報酬額をはっきり公表することを禁止しています。

規約違反にならないように注意しましょう。

 

アドセンスの初収益については、「うまい棒〜本分」「コーヒー1杯分」など、オブラートに包めば問題ありません。

 

関連記事:

>>「グーグルアドセンス|2記事で審査に合格した7つのポイント

 

需給をしっかり分析

自分のアカウントに対する「需要と供給」はしっかり分析しましょう。

 

例えばぼくは「大学生ブロガーとSNS運用」をTwitterの発信軸にしていて、フォロワーさんには

  • ブロガー
  • 学生
  • SNSマーケター

が多いです。

 

自分の発信軸と実際のフォロワーさんたちの親和性が高いため、ペルソナ設定としては成功していると言えます。

 

逆にここが大きくズレていると、どれだけツイートしても伸びません

 

「自分の発信軸に対し、現状どんなフォロワーさんが多いのか」

まずはここをしっかり分析して、需要と供給をうまく調整しましょう。

 

発信軸は自分の得意分野や、現在活動している分野を中心にすることで、ネタ切れや上っ面の発信にならなくて済みます。

 

もし今現在、発信軸とフォロワーさんの特性にギャップがあるという人は、プロフィールやツイート内容を見直す必要があります。

 

プロフィールの最適化

だれもがフォローする前に、必ずプロフィールをチェックします

 

もしここでプロフィールが適当だと、フォロー率は激減…。

(相互フォロー垢や怪しいビジネス垢のフォローはあるかもですが…)

 

たとえばこんなプロフィールだと、せっかく良いことをツイートしてても伸びません。

  • 呼びにくい名前
  • アイコンやヘッダーの印象が弱い
  • プロフィールが自己紹介になっている
  • 発信内容が分からない
  • 大量RT
  • アカウントに一貫性がない

 

フォローされるためには、プロフィールと発信内容に一貫性を持たせる必要があります。

 

プロフィールに「ブログに関する有益情報を発信」と書いてあるのに、ブログ関係のツイートがほとんどないとフォローしたいと思わないよね…。
らく
らく

 

フォローボタンはプロフィールページにあるのだから、そこを手抜きするのはご法度です。

 

プロフィールを最適化する方法については、「Twitterが伸び悩む6つの原因と改善策|実例紹介つき」で詳しく解説しています。

 

リプへの返信を丁寧にする

Twitterはコミュニケーションツール。

 

自分のツイートにリプしてもらえたら、しっかり返信するように心がけましょう。

 

もちろんフォロワーさんが増えれば増えるほど、全てのリプに返信することは難しくなるかもしれません

それでも「いいね」だけでもして、できる限り誠実に接することが大事

 

ぼくはリプをするときに以下の5つを心がけています。

  1. きちんと挨拶する
  2. 初対面の人には必ず敬語
  3. 相手と同じテンションで話す
  4. だれに対しても礼儀を持って接する
  5. 相手が不快になるようなことを言わない

いずれもTwitterに限らず、人として大切なことですね。

だけど意外とこれができてない人がいるんですね…笑
らく
らく

 

成果は自信を持って報告する

報告できるような成果ないよ…

と思っているあなた。

 

…本当にないですか?

 

下記のようなことは全て成果になりますよ。

  • アドセンスで1円の初収益が出た
  • 1日のPV数が100を初めて超えた
  • ASPで初成果が出た(単価は7円とかでも全然いい)
  • フォロワーさんが50人を超えた
  • ツイートいいね数が20を突破
  • 憧れの人にフォローされた

などなど…。

 

大事なのは数字の大きさではありません。

 

今までの自分自身を超えたこと、それ自体が大きな成長であり成果です!

 

人は誰かの成長ストーリーを見ると、応援したくなる気持ちになります。

 

どんなに些細だと思うことでも、他のだれかにとっては立派な成果であることも。

成長過程を示すことで、アカウントにストーリー性が生まれるというメリットもあります。

 

控えめになる必要はないので、そこは自信を持って発信しましょう。

 

このツイートとかもTwitter始めて4日目ですが、しっかりいいねもリプもしてもらえました笑

三日坊主にならなかったことも立派な成果ですから!!笑
らく
らく

 

自分から積極的にフォロワーさんに絡む

フォロワーさんとはぜひ積極的に交流しましょう。

 

ぼくは「ブログは本気で、Twitterは楽しく」のスタンスなので、フォロワーさんとの会話を日々楽しんでいます!
らく
らく
でもいきなりリプするの勇気がいるなあ…

という人には、こんなリプがおすすめです。

  • あいさつツイート
    →「〇〇さんおはようございます!」
  • 有益情報ツイート
    →「たしかに〇〇ですよね!自分も〇〇です!」
  • 成果報告ツイート
    →「〇〇さんおめでとうございます!」
  • 作業報告ツイート
    「お疲れ様です!」

この基本形にプラスして、自分の言葉を入れてみましょう。

 

再三言っていますが、「Twitterはコミュニケーションツールである」ことは忘れずに!

 

楽しんでやっている人の周りに集まるというのが、人間の集団心理です。

 

フォロワーさんが増えるメリット

メリット

フォロワーさんが増えるメリットは2つあります。

  1. 権威性が高まる
  2. 様々なスキルが身につく

1つずつ解説します。

 

権威性が高まる

フォロワー数が増えれば増えるほど、「権威性」が増してきます。

 

「権威性」とは、専門知識を持っていたり実績がある人の発言などに、無意識のうちに従う人間の心理です。

日本のTwitterユーザーの平均フォロワー数は300人前後とも言われているため、1,000人ともなれば十分な実績になります。

 

つまりフォロワー数が増えれば増えるほど、「影響力」が増すということ。

 

コンテンツマーケティングや広告、ブロガーなどは影響力があればあるほど、強い発信力を武器にすることができます

 

様々なスキルが身につく

しっかりフォロワー数を伸ばすには戦略が必要です。

  • 心理学
  • 集客スキル
  • コピーライティング
  • SNSマーケティング

など、フォロワー数を伸ばそうとすると自ずとこれらの知識が役に立ってきます。

 

一度磨いたスキルは経験として蓄積されるため、成功しようが失敗しようが自分のためになるのです。

 

関連記事:

>>「マインドリーディング文章術|読み手の心を揺さぶる方法と実践例

 

従来のTwitter運用方法はもう通用しない?

ところで、フォロワー数を増やす方法として多くのところで言われている方法に、このような3つがあります。

  1. 1日10ツイート以上しよう
  2. いいねやリプをたくさんしよう
  3. インフルエンサーにどんどん絡もう

もちろんきちんとフォロワー数は増やせるので、全然悪い方法ではありません。

 

ただ、この方法だけでTwitterを伸ばし続けると、必ず頭打ちする時期がやってきます。

 

フォロワー増やしで怖いのは、「Twitterに浮上していないとフォロワーが伸びない」という状況に陥ること。

 

フォロワー数以外の実績や成果」がないと、停滞期に差しかかったときに乗り越えることができません。

 

ぼくはブロガーなので、ブロガー視点で話すと、

SNS運用も併せてしているブロガーは、ブログの実績を作らなければいけません。

Twitterだけ伸びても、ブログが伸びていなければ本末転倒です。

 

Twitter運用をしている目的は人それぞれですが、あくまで「SNSは手段」という人が圧倒的多数のはず。

フォロワー数以外の実績もしっかり積み上げていきましょう!
らく
らく

 

関連記事:

【ブログ運営報告】1ヶ月目のPV数や収益は?初心者がどこまで成果を出せたのか

 

おすすめしない2つの運用方法

おすすめしない

おすすめしない運用方法は次の2つです。

 

  1. 相互アカウントのフォロー
  2. フォロワーを買う

1つずつ解説します。

 

相互アカウントのフォロー

相互アカウントとは、「〜@相互100%」「〜@相互フォロー」と書かれたアカウントです。

 

お互いにフォロバして、フォロワー数を増やすのが目的ですが、これはおすすめしません。

 

というのもデメリットが多すぎるから…。

  • 交流が少なく楽しくない
  • ツイートに全然反応がない
  • すぐにフォロー解除される可能性がある
  • 記事更新ツイートしてもほとんど読まれない

明らかに見せかけだけの数字になります。

 

たまにフォロワーが5,000人とか10,000人いるのに、ツイートに全然反応がないアカウントありますよね。

 

そういうのは相互フォローの可能性が高く、逆に不審に思われてしまうため、デメリットでしかありません。

 

フォロワーやいいね・RTを買う

真剣にTwitter運用するなら、これも絶対やめましょう。

 

確実に信用が得られません。

上部の数字だけ増えて、アカウント自体は全く育たなくなってしまいます。

 

たとえいいね数だけ増えても、いいねをしたアカウント自体がステマ的なものなので、拡散力もありません。

 

リーチしたいアクティブユーザーに届くこともなく、まさに「百害あって一利なし」。

 

ツイ廃にならなくてもTwitterは伸ばせる

まとめ

ここで最後にもう一度、ツイ廃にならずにフォロワーを伸ばす9つの方法をまとめます。

  1. 1日2〜5ツイート
  2. 140字いっぱいに書く
  3. ツイートは反応率の高い時間にする
  4. 発信に透明性を出す
  5. 需給をしっかり分析
  6. プロフィールの最適化
  7. リプへの返信を丁寧にする
  8. 成果は自信を持って報告する
  9. 自分から積極的にフォロワーさんに絡む

 

いずれも自己分析と戦略をしっかり練ることで、長時間Twitterに触れなくても、フォロワー数を伸ばすことができます。

 

これらの方法は忙しくて時間が取れない人でも実践できるので、ぜひ試してみてください。

 

SNS記事を見る

 

-Twitter
-

Copyright © Lacu Blog , All Rights Reserved.